カテゴリ:風物詩( 6 )

 

雪の表情 バームクーヘン菓子のように

a0010403_15551931.jpg
雪の表情はその時の気温、風などによって千差万別で、また直ぐに表情を変えてしまうので、一瞬の表情であり、見るものにとっては芸術でも有り、天の贈り物です。余りに多いと雪害になりますが。
写真は庭に樹木に巻きつくように縞模様をつけた雪の頭巾です。花嫁の髪型のように見えませんか? 雪の綿帽子の様ですね。

[PR]

by m-yokoyama | 2005-01-10 16:04 | 風物詩  

小さい秋見つけた。。。。公園のきのこ

a0010403_22211042.jpg公園の芝生に名も知らぬ「きのこ」が生えていた。公園に相応しい色形です。小人が居るとおとぎの国ですね。そろそろ秋の気配ですね。
[PR]

by m-yokoyama | 2004-09-03 22:20 | 風物詩  

夏から秋への曲がり角 お盆は平穏に願いたい。。。

今年は福井が全国的に脚光を浴びる事件が多いですね。 久々のドカ雪での関学ワンダーフォーゲル部の遭難事件、梅雨明けには歴史的な豪雨による災害、そして美浜原電の爆発事故、もう結構です。
 異常気象も然ることながら、起こりえることが起こった様な、そのような懸念を払拭できない。
このところ、異常な暑さも峠に来たようで朝夕はめっきり涼しくなり、秋が其処まで来ている感じです。 
[PR]

by m-yokoyama | 2004-08-12 21:40 | 風物詩  

谷間の伽藍に響く太鼓の轟

a0010403_22362.jpg 花菖蒲とアジサイの咲く福井の名刹大安禅寺は時ならぬ曲太鼓のとどろきで静かな谷間が騒然となった。 ときどき あちこちの寺院でコンサートが開かれているようですが、音楽ホールと比べ開放感があり、自然の中でリラックスして音色を楽しめる点で、素晴らしい舞台装置である。窓から洩れる太鼓の音が谷間に響き渡り、共鳴する。窓からは谷間の涼風が流れ込む。音と涼風が出たり入ったり。。。できれば畳の上で大の字になって寝転んで聞ければ。。。。。
[PR]

by m-yokoyama | 2004-06-27 22:37 | 風物詩  

雨、また雨、そのまた雨の雨

a0010403_145418.jpg 雨、また雨、そのまた雨の雨、シェイクスピア風の節回しが出るほど、週末ごとに雨で、新緑の5月が終ってしまいそうです。
 梅雨が早くなったのか? 季節のテンポが速くなったのか? 証拠は無いが異常気象なのか? 人間どもは地球環境に良いことは何もしていない、快適な生活環境を求め、享受しているうちに地球の環境は大規模にどんどん壊れて行く。 熱エネルギーの非可逆性は大自然の原則で、どんどん蓄積する負の遺産はいつまでも先送り出来ないだろう。。。。  ★雨に濡れる花々
[PR]

by m-yokoyama | 2004-05-15 21:45 | 風物詩  

5月(皐月)の空は吹流しの鯉で彩り豊か。。。


こいのぼり
 
 みどり鮮やかな山野、光り輝く水の流れ、菜の花、さつき・つつじなどの色鮮やかな花の帯、小鳥のさえずり、さすがにゴールデンウイーク。。
のんびりと木陰で横になる。至上のひと時です。。。これこそ平和の証。日本は良いですね。。。平和ボケ?政治家の論争バトルはうるさくて、
不毛で空しい。。。挙句の果てにこの平和が、ちょっとしたボタンの掛け違いから、夢と消えないように願いたいものです。。
[PR]

by m-yokoyama | 2004-05-02 21:57 | 風物詩